ネオスタ 切手買取

ネオスタの悪い点

買取価格が安い

記念切手にしても普通郵便切手にしても、ネオスタで切手を買取してもらうことによる最大のデメリット、それは何を隠そう切手の買取価格があまり良くないことです。

 

切手買取業社や金券ショップ全体の中で言えば、ネオスタはそれほど切手の買取価格が悪いわけではありません。

 

しかし当サイト切手買取Naviで現在1位の評価を獲得しているバイセルと比較すると、ネオスタの切手の買取価格はかなり安くなります。

 

どこの切手買取業社で切手を買い取りしてもらうか選ぶ際に1番気になるのは、やはりなんだかんだ言っても切手の買取価格、相場です。

 

その点から言ってもネオスタの最大のデメリットはやはり切手買取価格でしょう。

 

 

 

出張買取はエリアが限定

記念切手や普通郵便切手を買い取りしてもらうお客様が1番よく利用する買取方法は出張買取です。

 

バイセルでも買取プレミアムでもまた福ちゃんでも、出張買取が最も簡単に手早く切手を買取してもらえる方法です。

 

よってどこの切手買取業社でも切手の出張買取はとても人気の高いサービスです。

 

しかしネオスタの出張買取サービスのサービスレベルは極端に落ちます。ネオスタが出張買取で切手を買い取りしてくれるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の住民に限られているのです。

 

その他の都道府県ではネオスタは出張買取を行っておらず、宅配買取で切手を買い取りしてもらうことになります。

 

しかし宅配買取は出張買取に比べて非常に手間がかかる上に時間もかかります。そのあたりがネオスタの切手買取の口コミを下げている要因でもあります。

 

 

 

宅配買取は手数料に注意!

ネオスタの切手の買取方法は、出張買取・宅配買取・店頭買取の3つから選べるようになっています。

 

しかし実際には全国のほとんどのエリアでは店頭買取と出張買取は行っておらず、ネオスタで切手を買い取りしてもらう際には宅配買取を使わざるをえないことがほとんどです。

 

ここで気をつけたいのがネオスタで切手を宅配買取してもらう際の手数料です。

 

特に1番気をつけたいのが切手を送る時の送料です。たいていの切手買取業者では宅配買取に伴う送料は買取業社が負担するので無料です。

 

しかしネオスタの宅配買取では、送料が無料になるには額面で10万円分以上の切手を買取査定に出す必要があります。

 

トータルの額面が10万以下の切手を買取してもらう場合は切手を送る際の送料は自己負担になります。

 

額面で10万円というとかなりの数の切手を買取してもらう必要がありますから、ほとんどの場合は送料は自己負担と考えておきましょう。

 

また切手の買取が成立して買取金額を振り込んでもらう際も、振込手数料もネオスタ側ではなく自己負担になります。

 

ネオスタを利用する際には、送料と振込手数料が引かれて結局切手を買取してもらった意味がなかった、なんてことにならないように気をつけましょう。