古切手 買取

切手の買取業者おすすめランキング

 

BUYSELL

 

古切手や記念切手の買取業者で最も人気が高くておすすめなのは、年間10000件以上の古切手や記念切手の買取をこなしているバイセルです。

 

バイセルでは古切手や記念切手・外国切手はもちろん、普通のいらない郵便切手でもなんでも買取してくれます。

 

古切手にしても普通の郵便切手にしても、切手の買取で1番気になる点はやはり買取価格や相場でしょう。

 

バイセルは数ある切手買取業者の中でも、最も切手の買取価格が高いということで人気の切手買取業者です。

 

古切手や記念切手であれば高価買取してもらえることが多く、普通の郵便切手でも額面以上の価格で買取してもらえることがあります。

 

切手の買取方法は出張買取・宅配買取・持込買取の3つから選ぶことができます。

 

出張費用も宅配買取の送料も振込手数料も全て無料、完全に無料で大切な古切手や記念切手の買取をしてもらえます。

 

中でも出張買取は人気で利用者が多く、最短30分で自宅まで切手の買取に来てくれて、日本全国ほとんどどこにでも出張買取に来てくれます。

 

相場が高そうな古切手などがあるようならとりあえず見積もりにだけ来てもらうことも可能で、古切手の買取価格が不満であればキャンセルしても一切お金はかかりません。

 

また古切手の買取価格に満足なら、その場で古切手の買取価格を現金で支払ってもらうことができます。

 

これらのスピーディーな買取対応もバイセルの人気の高さにつながっているようですが、人気1の1番の理由はやはりなんだかんだ言っても買取価格です。

 

他社と古切手の買取価格を比較すると0が一つ増えることもあるほどです。古切手や記念切手の買取であればまずバイセルで1番に査定してもらうのがいいでしょう。

 

BUYSELL公式ホームページ

 

 

買取プレミアム

 


古切手・記念切手・普通郵便切手の買取業社おすすめNo.2は買取プレミアムです。

 

買取プレミアムが切手買取業社の中でも人気でおすすめのポイントは、やはり古切手や記念切手・普通郵便切手の買取価格・買取相場が高いことです。

 

古切手に限らず買取業社が1番アピールしたいポイントはやはり買取価格です。

 

なぜなら切手買取業社の利用者が手にするのは物ではなくて、あくまで切手を買取してもらった時にもらう買取金だからです。

 

そう考えるとやはり1番チェックしておきたいのは古切手や記念切手・普通郵便切手の買取価格、つまりは相場ということです。

 

買取プレミアムではバイセルと同等くらいの相場で切手を買取してもらえます。

 

わたしの実体験から言えばバイセルの方が切手の買取価格が高いことが多かったですが、世間の口コミでは古切手や記念切手なら変わらないという声もあるようですね。

 

買取プレミアムもバイセルも家まで出張買取に来てくれて、買取をキャンセルしても費用は一切かかりません。

 

買取キャンセルが無料なら大量の古切手や記念切手、また普通郵便切手を買取してもらうのであればバイセルと買取プレミアムの2社に査定してもらってもいいかもしれませんね。

 

買取プレミアム公式サイト

 

 

福ちゃん

 

古切手・記念切手・普通郵便切手の買取業者おすすめNo.3は切手買取専門の福ちゃんです。

 

バイセル、買取プレミアムに次いで切手の買取価格が高い業者で、古切手や記念切手の買取ではやはり額面超えの査定が数多く出ます。

 

折れや変色があるようなコンディションの悪い古い普通郵便切手もほとんど買取してくれて、総合的に買取価格の良い切手買取業者だと言えます。

 

買取方法は出張買取・宅配買取・持込買取から選べて、送料も出張料も振込手数料も見積もりも全て完全無料で古切手や記念切手を買取してもらうことができます。

 

ただし持込買取に関しては大阪の天王寺店のみでの対応となるので注意しましょう。

 

よほどのプレミア切手などで数社から査定をしてもらいたい時に、バイセルと買取プレミアムと合わせて利用するといいでしょう。

 

福ちゃん公式サイト

 

 

ネオスタ

 

古切手・記念切手・普通郵便切手の買取業者おすすめNo.4はネオスタです。

 

しかし4位以下はかなり切手全般の買取価格が安くなる上に、古切手などでは額面超えのプレミア査定も少なくなります。

 

買取方法は出張買取・宅配買取・持込買取がありますが、持込買取は東京・埼玉・神奈川・千葉と北陸4店舗に限定されます。

 

また自宅まで切手の鑑定に出向いてくれる出張買取は、東京・埼玉・神奈川・千葉に1都3県に限定されます。

 

宅配買取では買い取りしてもらう切手の額面が合計10万円を超えた場合のみ送料無料で、それ以外は送料自己負担となる上に振込手数料もかかります。

 

切手の額面が10万円を超えるとなると相当な量の切手を買取してもらう必要があるので、よほどたくさんの切手の買取でなければ送料と振込手数料は自己負担と考えておいた方が良さそうです。

 

また前もってネットで買取してもらう切手を申告しなければならないのも面倒で、上位3社に比べて使い勝手のいい買取業者とは言えません。

 

 

なんぼや

 

なんぼやは古切手の買取である程度の知名度がありますが、そもそもはブランド品の買取が主な事業なので古切手の買取価格はそれほどよくはありません。

 

転売しやすい古切手のシートはまだ高い査定価格をもらえることもありますが、それ以外のバラ古切手は買取NGのものも多いようです。

 

古切手や記念切手ではない普通郵便切手となるとさらに買取条件は厳しくなるでしょう。

 

買取方法は出張買取か宅配買取が選べて、出張後の古切手の買取キャンセルや振込手数料も無料、サービス面ではネオスタよりもおすすめです。

 

ただしこちらも古切手の買取前に事前にオンライン仮査定をしなければならず、これがかなり面倒で口コミを下げているようです。

古切手は売れるの?

当サイト切手買取Naviをご覧頂いている方は、おそらく自宅に古切手が幾分か眠っていて、処分しようと考えられている方が多いことかと思います。

 

切手買取Navi管理人であるわたしも過去にあった同じような状況から、古切手の買取について調べるようになりました。

 

コレクションしていたけれど不要になった古切手、どうにかいい値段で買取してくれる切手買取業者なんぞは無いものかと色々調べていると、古切手を専門に扱う古切手買取業者がたくさん存在することを知りました。

 

今手元にある素人のわたしがコレクションしていた古切手も本当に買取してもらえるのだろうか?

 

そんな心配はよそに、わたしのコレクションの古切手で査定してもらったものは全て額面以上で買取して頂きました。

 

古切手収集ブームが過ぎ去ったとはいえ、プレミア価値の付いている古切手はまだまだ高額で買取されています。

 

プレミア価値の付いていない古切手であっても古切手というだけでも十分希少価値が高いわけですから、買取してもらえることは間違いないでしょう。

 

バイセルや買取プレミアムなどは古切手を高額買取してくれることで有名な切手買取業者ですが、ここらの切手買取業者では無料の見積もりもやっていて便利です。

 

出張買取を依頼すると古切手の鑑定士がうちまで見積もりに来てくれますが、他の古切手買取業者に比べて額面割れ(定価を切ること)や買取不可商品が少なくておすすめできます。

 

下手な切手買取業者や金券ショップで買取してもらうよりも0が一つ増えることも十分にありえます。

 

もちろん普通の郵便切手では額面割れすることもありますが、古切手であればその多くはプレミア価格で買い取りしてもらえます。

 

プロの切手鑑定士に見てもらうと、自分では気づいていなかったプレミア古切手が眠っていた…なんていうこともあります。

 

見積もりだけであっても気持ちよく対応してくれますし、見積もりやキャンセルは無料なので一度手持ちの古切手を鑑定してもらうといいでしょう。

 

 

古切手の買取相場

古切手のコレクションは数十年前の日本では一種のブームとなっていました。

 

その頃の古切手買取市場では驚くような相場で古切手が売買されていました。

 

ところが近年では国内の古切手コレクションのブームは衰退に向かい、古切手の買取相場は少しづつ下落傾向にあります。

 

しかしそれはあくまでも日本国内の古切手市場相場の話、お隣の中国では未だかつてない古切手のブームが到来しています。

 

近年の中国経済のバブル到来によって新しく生まれた富裕層の間の中には古切手の収集家も多く、今も信じられないような相場で古切手が売買されています。

 

中国のお金持ちの切手コレクターは日本のそれとは比較にならないほど裕福で、プレミアものの古切手にはいくらでもお金を払います。

 

それによって中国の切手オークションでは日本で何十円しか価値がつかない古切手であっても、何万円の値段を付けられることがあるのです。

 

高額で希少価値の高い古切手であれば、中国では数百万円で買取されることもあるほどです。

 

その中国での切手バブルに便乗して、日本の切手買取業者も買取した古切手の多くを中国で転売しています。

 

中国への転売ルートを持つ日本国内の切手買取業者であれば、国内でそこそこいい価格で古切手を買取しても十分に利益過ぎるほどに上げることができます。

 

古切手買取Navi管理人の私も過去に幾度となく古切手を買取して頂きましたが、今までで1番高値が付いた古切手はなんと一枚28万円で買取して頂きました。

 

数は少ないですがこのような高額で買取してもらえる古切手はまだまだたくさん眠っているので、一度無料見積もりでプロに査定してもらうとおもしろいです。

 


古切手の買取体験記

過去に古切手を30枚ほどバイセルで買取してもらった時のこと、自分では気づいていないプレミアものの古切手が見つかったことがあります。

 

30枚のうち29枚はそれなりに価値のある古切手でしたから、29枚で15万円ほどで買取してもらいました。

 

古切手と言ってもそれほど古い切手でもありませんでしたが、このくらいの金額では買取してもらえました。

 

そしてその中に潜んでいたプレミアものの古切手、そちらはなんと一枚で28万という査定をして頂きました。

 

古切手の中には日本国内で買取してもらっても、買取価格が一枚で100万円を超える高額のものもあります。

 

しかしそのようなプレミア古切手は数が無数にあるために、素人の切手コレクターではその全てを把握しておくには無理があります。

 

そのような時にバイセルや福ちゃんのような古切手の無料出張査定は非常に役立ちます。

 

もちろん切手によっては額面割れや色あせがひどくて買取不可と査定されることもありますが、そのような切手は普通に切手として使用するのもいいでしょう。

 

また街の金券ショップや買取ショップでは、バラでも切手を買ってくれるところは少なかったりします。

 

基本的に古切手の買取というのは、切手シートに入っているセットでないと買取してもらえないことが多いのです。

 

しかし切手専門の買取業者であるバイセルや福ちゃんでは、一枚づつの古切手であっても全て買取対象になります。

 

古切手によってはひどく破れている古切手でも買取してもらえますから、見積もりだけでも一度してもらうといいでしょう。

 

また私のようにプロの切手鑑定士に古切手を査定してもらうまでは、プレミア古切手の高い価値に全く気づいていないこともあります。

 

切手鑑定士に言われるまでは全く気づいていなかったけれど、実は家にある古切手が28万円で買取してもらえる古切手だったなんていうことは十分にありえます。

 

そのような損を防ぐ為にも、価値のありそうな古切手はとりあえずでもプロの鑑定士に無料見積もりをしてもらうといいでしょう。

 

高額のプレミア切手では100万円を軽く超える古切手もたくさん存在しますから、自宅にある古切手もその可能性は十分に秘めているといえます。

 

古切手の中でもエラー切手(プリントミスされた古切手)などになると買取金額は青天井、海外のオークションですさまじい金額で取引されています。

 

そのような高額の古切手を見逃さないためにも、買取は古切手専門のプロに査定してもらうのが一番おすすめです。

 

家にあった捨てるつもりだった古切手から海外の切手コレクターが大金を積んでまで欲しがる古切手が出てくる、古切手の世界は可能性が無限大です。

 

 


古切手のおすすめ買取業者

数少ないようで実はたくさん存在するのが古切手の買取業者です。

 

切手買取Naviの管理人であるわたしは今までにありとあらゆる切手買取業者で古切手の買取をお願いしてまいりました。

 

その経験と世間の口コミから、買取価格の一点で決めるのであればおすすめの古切手買取業者はバイセルでしょう。

 

日本全国どこにでも出張買取に来てくれてその場で古切手の買取価格の交渉ができる手軽さももちろんですが、古切手の買取価格の良さにおいてもここの切手買取業者が1番でしょう。

 

出張買取でも宅配買取でも見積もり後の買取キャンセルは無料ですので、とりあえず今ある古切手がどの程度の価格で買取してもらえるのか査定だけしてもらうのもいいでしょう。

 

出張買取のスタッフは非常に親切ですし、あらゆる面で信頼のおける切手買取業者さんです。